安心して・早く・安く・確実に会社設立をしたいなら、全国完全対応の行政書士佐藤理事務所におまかせください。

【会社設立のメリット その2】



【その2】事業所得の『税率』を下げることができる。


『自営業者(個人)と『会社(法人)』の【所得】に対する『税率』を単純に比較した場合でも、『会社』の方がはるかに低い『税率』が適用となり、税務上有利になります。


【個人の場合】


・『所得税+住民税』

 「課税所得金額」      「税率」

  200万円以下         15%

  200万円超330万円以下    20%

  330万円超700万円以下    30%

  700万円超900万円以下    33%

  900万円超1800万円以下    43%

  1800万円超         50%


・『個人事業税』

 「法定業種」                    「税率」

  第1種事業(物品販売業・飲食店業 etc...)      5%

  第2種事業(コンサルタント業・デザイン業 etc...)  5%


【会社の場合】


・『法人税』

 「法人所得額」   「税率」

  800万円以下     22%

  800万円超      30%


・『法人住民税』

 「所得割」−「法人税×17.3%」(3.803% or 5.19%)

 「均等割」−「1期(年間)7万円」
        ※この「均等割7万円」のみ『所得ゼロ』でも課税されます。


・『法人事業税』

 「法人所得額」         「税率」

  400万円以下           5%

  400万円超800万円以下      7.3%

  800万円超            9.6%



★以上により、『個人』と『会社』の【最高税率】で比較すると、次のようになります。


【個人の場合】

『所得税+住民税50%』+『個人事業税5%』=【55%】


【法人の場合】(法人住民税の均等割7万円を除く)

『法人税30%』+『法人住民税5.19%』+『法人事業税9.6%』
=【44.79%】


そのため、『個人』の方が【10%以上】も高い税率となるため、『法人』の方がはるかに有利になるのです。


会社設立−申し込み





会社設立−高級法人印鑑プレゼント付き!実質手数料0円で会社設立−TOP