安心して・早く・安く・確実に会社設立をしたいなら、全国完全対応の行政書士佐藤理事務所におまかせください。

【会社設立のメリット その6】



【その6】『赤字の繰越控除期間』が長くなる。


『個人』の場合も『会社』の場合も、青色申告を行うことで【赤字(欠損金)】の『繰越控除』を行うことができ、翌年以降の『課税所得』を抑えることができます。

そのため、創業時などに大きな【赤字(欠損金)】を出した場合、その後数年間に渡って、一定の『節税効果』を得ることができるのです。


実は、この『繰越控除期間』は、『個人』と『法人』では、以下のように大きく異なっています。


 ・【個人】⇒『3年間』

 ・【法人】⇒『7年間』


そのため、『創業費』として【赤字(欠損金)】を計上する場合には、『会社』を設立してから計上する方が『節税メリット』が高くなるのです。


★なお、上場企業等の株式の『売却損』が出た場合にも、この『繰越控除』の対象となり、上記の『節税メリット』を得ることができます。


会社設立−申し込み





会社設立−高級法人印鑑プレゼント付き!実質手数料0円で会社設立−TOP