安心して・早く・安く・確実に会社設立をしたいなら、全国完全対応の行政書士佐藤理事務所におまかせください。

【会社設立のメリット その14】



【その14】『ネットビジネス』が有利になる。


以前、オーバーチュアのPPC広告で、原則的に【個人の出稿は不可】とされていたことがあるように、インターネットの世界でも、『法人格』の取得による『社会的信用性の確保』が極めて重要になっています。

ネットビジネスの拡大によって、実際の店舗を持たずに、ポータルサイトのショッピングモールに出店するケースも多くなっていますが、ここでも、【個人は不可】又は【原則として個人は不可】など、運営主体が『会社』でない場合は大きな規制を受けています。

そのため、集客力がある有名なショッピングモールに出店するには、『法人化』が欠かせないといえるでしょう。


また、近年、HPの『独自ドメイン』が、『財産的価値』を持つようになってきました。


一般的には、『.com』『.jp』『.net』などのドメインがよく利用されますが、日本の内国会社の場合は、圧倒的に『.co.jp』のドメインの人気が高く、有名企業のほとんどが、この『.co.jp』を自社のHPのドメインとして使用しているのです。


このドメインは、『日本の内国会社』でなければ取得することができず、審査も厳しいため、会社の『社会的信用性』の向上にも役立ってきました。

いわば、『.co.jp』は、日本企業にとってのステータスシンボルといっても過言ではないでしょう。

この価値あるドメインを取得して、活用するには、『法人化』を行う必要があるのです。


※ところで、このドメインを確定的に取得するには、『会社』が成立していなければなりませんが、【会社成立前】でも『仮登録』をすることができ、その後『6ヶ月以内』に、成立した会社の『登記事項証明書(謄本)』を運営会社に送付すれば、『本登録』を受けることができます。(会社法の施行に伴う商業登記法の改正により、商号の仮登記制度が廃止されたため、事前に仮登記をする必要はなくなりました)


会社設立−申し込み





会社設立−高級法人印鑑プレゼント付き!実質手数料0円で会社設立−TOP